広島の企業・クリエイターとコラボし、地元に特化した商品開発を行います。 SO@Rモノづくりプロジェクト

EARTH Hiroshima
アズアズの宮島レポート〜砂の女(ひと)〜

SO@Rプロデュース

「新宮島伝説 守り砂」
オフィシャルページ


宮島マイスターズ

宮島マイスターズ監修 宮島観光マップ

広島工業大学 ブログ記事一覧










2012.08.31
環境デザイン学科平田ゼミで新商品開発
「宮島守り砂プロジェクト」が現在進行中!

2013.01.17
学生のアイデアがカタチに!「産・学・観」
連携商品「守り砂」の発売を開始しました。

発売元

株式会社ソアラサービス
SO@Rモノづくりプロジェクト

〒730-0803
広島市中区広瀬北町3-11
SO@Rビジネスポート4階
TEL: 082-532-5662(代表)

新宮島伝説「守り砂」新宮島伝説 守り砂

 

「守り砂とは」

安芸の宮島には、その昔、旅人に道中の無事を祈って宮島の砂を持ち帰ってもらう習わしがありました。砂をもらった旅人は、無事に旅ができたお礼にと、故郷の砂を持って再び宮島を訪れたそうです。その古くからの言い伝えを現代にアレンジしたものが『守り砂』です。安芸の宮島で祈祷されたお砂をおしゃれな瓶や紙ケースに入れて願いを叶ける。願いが叶ったら、ふたたび宮島を訪れてもらう。リピーターを生み出し、宮島をさらに活性化していくための、新たな伝説づくりをはじめました。

  • 砂を祈祷

    吉田座主により祈祷の様子
    (画面をクリックすると動画が再生されます)

  • 販売場所
  • 守り砂に願いを

    販売場所
  • 販売場所
  • 願いが叶ったら

    販売場所
  • 『守り砂』の砂は、西暦806年に空海が開基した宮島で最も古い寺院である、真言宗大本山『大聖院』でご祈祷いただいています。

  • 『守り砂』に同封の「叶え紙」に願い事を書き記してください。守り砂と一緒に、部屋に飾ったり、カバンに入れたりして、大切に保管ください。

  • 大聖院の境内に設置している返納場所へ守り砂をご返納ください。ご返納いただいたお砂は、みなさまへ幸せのお裾分けとさせていただきます。

●身につけ持ち歩くタイプ

紙守り砂
600円(税込)

紙守り砂

細瓶守り砂
700円(税込)

細瓶守り砂

願いをかけて持ち歩いてもらうタイプの守り砂です。お守り風の紙タイプはポーチやバッグに入れてもかさばらないので便利です。試験管のような細瓶に入ったタイプは、紙にくるんだままでバッグに入れて持ち歩くほか、瓶を出してデスクの上などに飾ってもおしゃれです。

●お部屋の恵方に置くタイプ

小瓶守り砂
1,300円(税込)

小瓶守り砂

大瓶守り砂
2,200円(税込)

大瓶守り砂

お部屋のデスクや棚に置くタイプです。願いをかなえるお守りとしてだけでなく、お部屋に飾っていてもインテリアの一部になるようなおしゃれなデザイン。おなたのお部屋の一番お気に入りの場所に置いて、願いを叶えてくださいね。




●全国津々浦々から続々と「願いが叶った!」との嬉しいご報告が返ってきております!

叶え紙

▼宮島最古の寺院 大聖院
お砂の返納場所

大聖院 返納場所

「守り砂」は自身のお願い事を”叶え紙”に記すことで
自分だけのオリジナルのお守りとなります。
一般的に、願い事はできるだけ具体的に書いた方が良いと言われています。
願い事を自由に記すことができる”叶え紙”にご自身の願いを込めて、
肌身離さず持ち歩いたり、お部屋のインテリアとしてもお使いください。
《お願い事の例》
必勝祈願「●●高校野球部、夏の甲子園、優勝!」
合格祈願「広島大学法学部 現役合格」
恋愛成就「●●ちゃんのハートを射止めるぞ!!」
安産祈願「子供を授かり、元気な赤ちゃんが生まれますように」
無病息災「娘の喘息が治りますように」
交通安全「息子が無事に世界一周旅行から帰ってきますように」

産(業)-学(校)-観(光)の連携で産まれました

守り砂は、産学官ならぬ産-学-観のコラボレーションによって商品化されました。
プロによる企画やデザインに、学生の柔軟で斬新なアイデアが加わり、世界的な有名な観光地宮島の新しい名物がカタチになりました。

産(業)=(株)ソアラサービス
     (広島の商品開発を数多く手がけるプロデューサー)
     対馬デザイン事務所
     (グランプリ受賞実績があるプロデザイナー)
学(生)=広島工業大学
     (地域と一体になったプロジェクトを数多く実施する大学)
観(光)=宮島弥山・大本山 大聖院
     (宮島で最も歴史が古い寺院)

産・学・観