第一線で活躍するプロのクリエイターの元に「弟子入り」して、ホンキでプロになるプロジェクト

produced by soar

弟子入り型即戦力養成プロジェクト

弘中 満雄(ヒロナカミツオ) 広島マリネットダイビングクラブ(有限会社アクアプラネット)
ダイビングのインストラクターを育てる人材育成クリエイター
弘中 満雄
 

学生時代に体育教育や運動学を学び、社会に出てその延長上で出会ったスクーバダイビング。海は美しいという感動だけでなく、危険もある。だからこそ、”質の高いダイバー”と“質の高い指導者”を育てていきたいとこだわりを持っている。
そんな弘中さんはダイビング教育という切り口から海や自然の環境について考える「ダイビングビジネス」を展開し、就職や独立の支援をしていきたいと考えている。

座右の銘 現状維持は退歩なり、向上の一路に終点なし。
師匠の経歴
プロフィール

1958年4月18日 山口県出身 ダイビング歴 25年
広島大学教育学部卒業、東京学芸大学大学院教育学研究科修了(教育学修士)
元)日本YMCAスクーバ事業部長、広島YMCAエデュケーショナルトラベル部長、日本旅行業協会登録講師
YMCA(青少年教育団体)にて、健康教育(健康体力づくり)事業・学校教育(スポーツインストラクターの養成)事業・教育旅行(国際交流、研修、留学)事業の責任者を歴任。
広島マリネットダイビングクラブ(1990年)を運営しながら2005年有限会社アクアプラネットを設立、2010年4月には大阪営業所を開設し、関西マリネットダイビングクラブが始動する。
現在、広島大学、広島修道大学の非常勤講師として授業で「スクーバダイビング」を指導。
日本体育協会スクーバダイビング上級指導員、NAUIコースディレクター、DAN酸素インストラクタートレーナー、西日本学生スクーバダイビング連盟副理事長、日本赤十字社救急法指導員、自然観察指導員など。

概要 業務内容 ダイビングクリエイター(インストラクター)の養成、ダイバー交流ネットワークの構築
職種・ジャンル 人材育成クリエイター
所在地 広島市中区広瀬北町3番11号 和光広瀬ビル4階
HP http://www.a-planet.jp/
主な実績
写真写真
【指導者養成】
これまでに150名以上のダイビングリーダー(ダイブマスターとアシスタントインストラクター)と80名以上のインストラクターを認定。日本体育協会の上級指導員資格をもち、インストラクターの検定員を務めることができる広島県唯一(西日本でも僅か数名)のNAUIコースディレクターです。映画「海猿」やTVドラマ「海猿」の水中シーンの撮影に協力したダイバーたちは全員私の教え子たちです。

【大学等講師】

武蔵野美術大学非常勤講師として「アクアセミナー」にてスクーバダイビングを担当(1997年~現在)
宮崎県職業教育先端技術研修講師として県立宮崎海洋高校の教員研修を5日間担当(2000年)
川崎医療福祉大学非常勤講師として健康体育実技「スクーバダイビング」を担当(2001年~現在)
山口大学教育学部非常勤講師として教員を目指す学生の野外活動実習を担当(2003年)
県立広島大学非常勤講師として海洋キャンプ実習を担当(2003年~現在)
広島大学非常勤講師としてスポーツ実習「スクーバダイビング」を担当(2003年~現在)
岩国短期大学非常勤講師として生涯学習公開講座「レジャーダイビング入門」を担当(2005年~2006年)
広島修道大学非常勤講師として運動スポーツ実習「アクアティックスポーツ」を担当(2008年~現在)

受入れ条件 受入の条件:スキル、意志/覚悟など
・18歳以上の健康な男女 (要:健康診断書の提出)
・100mを継続して泳げる (泳法問わず)
・人とのコミュニケーションに不安を感じない、明るい人
受入れ期間

ダイビングのインストラクター資格を取得するための、インストラクターの専門養成所です。今の生活を変えずに、空いた時間を有効活用してダイビングのインストラクターを目指すこともできます。
 受講料(入門料など)の有無→資格取得および必要器材購入のための費用が必要です
就職先の紹介から、独立開業の相談まで対応します。将来、リゾートでの活動を考えている人は、沖縄での実習(2週間~2か月)ができます。

受入対象
・専門学校・短大・大学生:18ヶ月~36ヶ月
・社会人(23歳以上):6カ月~18カ月

受け入れ時期
4月、10月

受入れ人数 同時期に最大4名まで
業務内容 大学授業のアシスタント、体験ダイビングの補助・指導、スクーバダイビング講習におけるインストラクション、ダイビングツアーの引率・ガイド、子どものキャンプ指導、その他
休日/勤務時間

勤務日:応相談 (月・火・土・日が望ましい : 13時から22時までの実働8時間)

報酬、受講料の有無 報酬(バイト料等)の有無 ダイブマスター・アシスタントインストラクター資格取得後→ 有
報酬金額 詳細別途説明します
受講料(入門料など)の有無 資格取得にかかる教材費・認定申請料・現地経費および個人器材購入のための費用(特別割引価格で提供できます)が必要です
受講料の金額 詳細別途説明します
備考

(1)取得可能資格(弟子入りすることでほぼ取得できる資格)
【NAUI】
インストラクター、コアスペシャルティーインストラクター、レスキューインストラクター、NCFAインストラクター、EANインストラクター、インストラクタートレーナー
【DAN】 酸素インストラクター
【日本赤十字社】 救急法救急員
【日本キャンプ協会】 キャンプインストラクター

(2)目標資格(受験・合格しなければならないが、受験指導をします: 受講料が必要です)
潜水士(厚生労働省)、旅行業務取扱管理者(観光庁)、簿記検定(日本商工会議所)

志望者に一言 インストラクターになることは通過点に過ぎません。あなたはインストラクターとして将来の夢があるはずです。そんな夢の実現に向けた、あなたの貴重な時間に関われることを私たちは嬉しく思います。全てはあなたの知的好奇心と行動力から始まります。
新たなダイビングのビジネススタイルを探求する、ダイビングクリエイターになることを期待します。