中四国初!! 3Dプリンター組み立てワークショップ

商品開発や創業など、様々な場でその可能性を拡げる3Dプリンター。これまで全国各地で行われてきた合同会社Genkeiによる3Dプリンター組み立てワークショップがついに中四国に初上陸。広島のSO@Rビジネスポートにて開催します。巷では3Dプリンターを組み立てる雑誌なども販売されていますが、毎号待っていられない!一気に組み立ててすぐに3Dプリンターを楽しみたい!という人もいらっしゃるかと思います。みんなで楽しく3Dプリンターを組み立てるワークショップです。組み立てた3Dプリンターはもちろんお持ち帰りできます。皆さんも参加してみませんか?

 

申込はこちら

対 象

  • ・3Dプリンターを活用してビジネスをカタチにしたいかた
  • ・3Dプリンターで新たなビジネスを考えられているかた
  • ・他、3Dプリンターや、機械工作、パソコン自作に興味があるかた

3Dプリンターは完成品を購入して使うだけではなく自分で組み立てて使うという選択肢もあります。自分で3Dプリンターを組み立てることには次のような利点が挙げられます。

 3Dプリンターの構造や機構を理解できる。

3Dプリンターの構造や機構を理解できる。

3Dプリンターって複雑で難しいマシンっていうイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかと思います。このワークショップでは3Dプリンターを一から組み上げていき、その構造を理解するとともに3Dプリンターの造形原理を学ぶことができます。 そして何かトラブルがあった時に自分で修理などの対処もできるようになる一石二鳥のプログラムなのです。 3Dプリンター組み立てワークショップで使用される3DプリンターはGenkei社製のatomという機種で、アフターパーツも豊富に出回っております。またRepRap Community Japanへの参加も可能となりユーザー間で3Dプリンターについて色々な情報交換ができるようになります。

 使用できる樹脂の種類が豊富

このワークショップで使用されるGenkei社製atom 3Dプリンターの特徴は何といっても使えるマテリアルの種類が豊富であること。その数なんと18種類! 他のメーカーでは主にABSとPLAの2種類の樹脂しかサポートしておりませんが、atom 3DプリンターはGenkei社が各マテリアルを検証し使えるようにモディファイされた特別な3Dプリンターなのです。

(以下Genkei社HP抜粋、造形可能マテリアル) ABS、PLA、ナイロン618、ナイロン645、ナイロンブリッジ、超軟質PLA、石膏ライク樹脂、木材樹脂、導電性ABS、熱変色性PLA、SmartABS、エラストマー樹脂(ゴム)、PET、T-Glass(PETT)、PET+、PVA、HIPS、ポリカーボネート

 3Dプリントノウハウも伝授してくれる

3Dプリントノウハウも伝授してくれる

3Dプリンターって3Dデータさえあればキレイに造形できるものって思うかもしれませんが、実はそうではなくて造形物の形状や素材によってシッカリとした設定が必要になってきます。 今回の組み立てワークショップでは、3Dプリンターの組み立てのみならず、それを制御するソフトウェアの使い方や設定、造形ノウハウの共有などが行われますので、3Dプリンターを組み立てた直後から誰でも3Dプリント作業が可能になります。

 ワークショップ紹介動画

動画は2014年に大阪のコワーキングスペース「オオサカンスペース」で行われた3Dプリンター組み立てワークショップです。

atom

【atom spec】

■外寸:幅325mm 奥行き275mm 高さ268mm
■プリントエリア:Z 軸130mm(※1) X 軸140mm Y 軸140mm
■積層ピッチ:0.3mm-0.025mm(※2) (0.4mm ノズルの場合最大0.3mm 積層)
■使用素材:ABS、PLA、ナイロン618、ナイロン645、ナイロンブリッジ、超軟質PLA、石膏ライク樹脂、木材樹脂、導電性ABS、熱変色性PLA、SmartABS、エラストマー樹脂(ゴム)、PET、T-Glass(PETT)、PET+、PVA、HIPS、ポリカーボネート

 

※1 の高さは射出ノズルの位置や使用ブランドによって若干の差異(0~-10mm 程度)があります。
※2 の最小積層は0.025mm となりますが、設定が必要となります。atom 3D プリンターはRepRap Community Japanのコアメンバーによって開発されたオープンソース、DIY型の3Dプリンターです。
※atom 3Dプリンター組み立てキットはGenkei.LLC の製品です。

 ワークショップ概要

■開催日時:2015/04/11(土)(申込期限:2015/4/3(金))

10:00 ~ 15:00 ハードウェアの組み立て
15:00 ~ 18:00 ソフトウェアの設定、使い方、ノウハウの共有

※お昼休憩12:00 ~13:00
※進行次第で、20時頃までかかる可能性があります。

■会場:SO@Rビジネスポート (広島市中区広瀬北町3-11 和光広瀬ビル

■定員:10名

■参 加 費:158,420 円(税込)※教材費込

【内訳】

  • ・atom 3D プリンター 本体 キット・・・・・・129,800円
  • ・ワークショップチケット・・・・・・21,600円
  • ・プリント素材、PLA フィラメント・・・・・・1kg 4,320円
  • ・atom3D プリンター用新型ヒーテッドベッド・・・・・・2,700円

※すでにキットをお持ちのかたで、ワークショップにだけ参加されるかたは21,600円のみ。
※ハードウェアの組み立て(第1部)の見学が可能です。(3,240円)
※1人1台の組み立てでもOK、1組(2~3人)1台の組み立てでもOK、参加費用はどちらも変わらず。
※同業他社の見学はご遠慮ください。

■ご用意していただくもの

3Dプリンターコントロール用のノートPC1台(対応OS Windows:XP/7/8、Mac:OS X 以上、CPU 1.5GHz 以上、メモリ 512MB 以上) 、筆記用具等

■申込方法

申込はこちら

なお、参加費は事前にお支払いいただきます。
お申込み受付け後、確認メールをいたしますのでワークショップ開催前までにお振り込みください。
皆様からのご参加、心よりお待ちしています。

※当日キャンセルされる場合、キャンセル料が発生します。キャンセル料 21,600円

■主催:株式会社ソアラサービス広島市中区広瀬北町3-11 SO@Rビジネスポート4F)
■共催:合同会社GENKEI ( 英文名GENKEI LLC.) (東京都港区東麻布1-7-7 フォレシティ東麻布501

 お問い合わせ先

株式会社ソアラサービス 担当:吉本(よしもと) 〒730-0803 広島市中区広瀬北町3-11 SO@Rビジネスポート 4F
tel. 082-532-5662(10時~19時・土日祝はお休みです) mail.info@soa-r.net URL.http://soa-r.net/